2019年11月17日 学術フォーラム

3週間前 : 2019.11.20

三浦

プロフィール写真

2019年11月17日(日)に日本学術会議において、日本学術会議と全国ダイバーシティネットワークの共同主催により学術フォーラム「学術の未来とジェンダー平等~大学・学協会の男女共同参画推進を目指して~」を開催し、大学・研究機関関係者を中心に、約130名の参加がありました。

フォーラム開会に先立ち、登壇者と今井絵理子内閣府大臣政務官、角田喜彦文部科学省科学技術・学術総括官との懇談会が開催され、登壇者からそれぞれの取組や課題の紹介があり、男女共同参画の推進に関して率直な意見交換の場となりました。

開会にあたり、藤井良一情報・システム研究機構長、山極壽一日本学術会議会長・京都大学総長(ビデオ出演)に続き、西尾章治郎大阪大学総長が、全国ダイバーシティネットワーク総括責任者としてご挨拶いたしました。

フォーラム の様子

第Ⅰ部「大学・研究機関における男女共同参画の現状と課題」では、全国ダイバーシティネットワークに関して5件の報告、ならびに取組事例集の紹介も行いました。
 報告1 「全国ダイバーシティネットワークの活動」
      工藤眞由美(全国ダイバーシティネットワーク実施責任者、
      大阪大学理事・副学長)
 報告2 「企業が求める女性人材と企業のダイバーシティの取り組みからの学び」
      塚原月子(㈱カレイディスト代表取締役、
      全国ダイバーシティネットワークコーディネータ)
 報告3 グッド・プラクティス紹介~大学における男女共同参画の取り組み~
     「岩手大学におけるダイバーシティ推進の取組」
      宮本ともみ(岩手大学副学長・男女共同参画推進室長)
     「ジェンダー主流化のシステム改革」
      田間泰子(大阪府立大学人間社会システム科学研究科副研究科長、
      前・支援事業実施責任者)
     「女性研究者積極採用施策の実施」
      田中弘美(立命館大学学長特別補佐、情報理工学部特命教授)

第Ⅱ部「研究力強化のための男女共同参画~学協会の取り組みから~」では下記の報告がありました。
 報告1 「男女共同参画学協会連絡会(理工系)の取り組み」
      熊谷日登美(日本大学生物資源科学部教授)
 報告2 「GEAHSS–人文社会科学系学協会をジェンダー平等でつなぐ試み」
      井野瀬久美惠(GEAHSS初代委員長、甲南大学教授)
 報告3 「医学系学協会」
      名越澄子(埼玉医科大学総合医療センター教授)
 報告4 「七転び八起きしてつなぐ私の研究生活」
      丸山美帆子(大阪大学工学研究科・日本学術振興会特別研究員(RPD)、
      京都府立大学生命環境科学研究科特任講師)

続いて、「女性学長が語る大学の未来~男女共同参画の視点から~」として、3名の女性学長による座談会が行われました。
   髙橋裕子(津田塾大学学長)
   田中優子(法政大学総長)
   林佳世子(東京外国語大学学長)

第Ⅲ部「座談会(フロアとの討論)~学術におけるジェンダー平等の推進~何が必要か?」では、登壇者をパネリストとして、フォーラムの前半で寄せられた出席者からの質問に回答する形で意見交換が行われました。

フォーラム全体を通じて、サステイナブルな組織、社会を実現するには、女性の活躍が不可欠であること、また、女性の活躍を促進するには、早い段階から女性のリーダーを養成し、男性を巻き込むことで意識改革を行うことが重要であること、加えて、ダイバーシティ、ジェンダー平等が学術研究の向上につながることをエビデンスベースで可視化すること、ネットワークにより取組を共有することが必要であることなどが共有されました。
最後に、LGBT等を含むダイバーシティ推進が重要であることの指摘があり、女性活躍に特化したポジティブアクションに対する批判の声もあるものの、ジェンダー平等が実現されていない現状では、一定の水準に達するまでは、積極的な支援が必要であることなどが確認されました。

このサイトについて

全国ダイバーシティネットワーク(OPENeD)は、男女共同参画社会や多様な個性・能力が尊重されるインクルーシブな社会の実現のために、文部科学省と連携して、大学や研究機関、企業等における女性研究者の育成や研究環境・研究力の向上を目指す諸機関をつなぎ、国内外の取組動向や参考事例(グッドプラクティス)を収集・公開し、全国的な普及・展開を図ります。

「全国ダイバーシティネットワーク」とは

全国ダイバーシティネットワーク