2019年6月3日 臨時幹事会

5か月前 : 2019.06.12

OPENeD 事務局

プロフィール写真

2019年度臨時幹事会

2019年6月3日(月)に大阪大学コンベンションセンターにおいて、全国ダイバーシティネットワーク組織2019年度臨時幹事会を開催しました。

文部科学省科学技術・学術政策局から4名、科学技術振興機構から、山村プログラム主管、主任調査員2名にご出席いただくとともに、幹事大学を務める24大学から、委員を中心に48名の出席がありました。

議事に先立ち、文部科学省科学技術・学術政策局人材政策課人材政策推進室の楠目室長からご挨拶があり、配付資料「研究環境のダイバーシティ実現に向けて~科学技術・学術分野における女性の活躍推進~」に基づき、本事業に係る説明とともに、本事業ならびに各ブロックの幹事大学への期待が述べられました。

その後、1)今年度の取組について、2)本事業の実施体制について、3)今年度の予算の基本方針について、4)ウェブサイトの構成・運用について、5)次年度の取組についての各議題において、活発な質疑応答と意見交換が行われました。

本年度は本事業の2年目を迎えることから、各地域ブロック活動を活性化させて参画大学等の増加と多様化を図り、またウェブサイトを通して全国レベルの情報と参考事例等の共有を促進することで一致しました。

このサイトについて

全国ダイバーシティネットワーク(OPENeD)は、男女共同参画社会や多様な個性・能力が尊重されるインクルーシブな社会の実現のために、文部科学省と連携して、大学や研究機関、企業等における女性研究者の育成や研究環境・研究力の向上を目指す諸機関をつなぎ、国内外の取組動向や参考事例(グッドプラクティス)を収集・公開し、全国的な普及・展開を図ります。

「全国ダイバーシティネットワーク」とは

全国ダイバーシティネットワーク