2018年度(調査実施時期:2019年2月~6月)、日本学術会議科学者委員会男女共同参画分科会と連携し、国・公・私立の枠を超え、分野を超えた全国およそ800にも及ぶすべての大学・研究機関を対象に、初めての実態調査となる、男女共同参画・ダイバーシティの推進状況に関するアンケート調査を実施しました。

ご回答くださいました大学・研究機関におかれましては、お忙しい中ご協力いただきまして、誠にありがとうございました。また、全国ダイバーシティネットワーク組織幹事大学におかれましては、すべての幹事大学にご回答いただきましたこと、重ねてお礼申し上げます。

実施についてはこちら    実施について(依頼・要領)

アンケート内容についてはこちら    第一部    第二部

全国大学・研究機関からの回答数・回答率についてはこちら    

アンケート集計結果と分析は下記の通りです

●概略版(リーフレット) 

●詳細版

・目次  

・本調査のねらいと結果の概要:イノベーションはジェンダー平等から     

【Part I 分析編】

1. 日本の大学における男女共同参画の推進状況と今後の課題  
2. 大学の特性ごとにみる取り組み状況と女性比率 
3. 学問分野、経営層、地域の観点からみた大学の現状と課題 
4. グッドプラクティス例-自由記述から  

【PartⅠ 分析編付表】

・ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(全国ネットワーク中核機関(群))機関・研究者対象アンケート実施・分析WGメンバー  

・アンケート回答にご協力いただいた大学・研究機関    

Part Iの全体はこちら

【Part II アンケート回答データ編】
第一部 統計調査(男女共同参画に関する現状調査) 
第二部 実態調査(男女共同参画・ダイバーシティ推進取組の実態調査) 

企業対象アンケート調査報告書

このサイトについて

全国ダイバーシティネットワーク(OPENeD)は、男女共同参画社会や多様な個性・能力が尊重されるインクルーシブな社会の実現のために、文部科学省と連携して、大学や研究機関、企業等における女性研究者の育成や研究環境・研究力の向上を目指す諸機関をつなぎ、国内外の取組動向や参考事例(グッドプラクティス)を収集・公開し、全国的な普及・展開を図ります。

全国ダイバーシティネットワーク