ポジティブ・アクション|採用と上位職昇進

2か月前 : 2021.01.06

武田

プロフィール写真

取組内容
長崎大学では2018年12月より、「長崎大学におけるダイバーシティ推進の基本方針」、「長崎大学第3期中期計画」及び「女性活躍推進のための一般雇用主行動計画」に定めた目標及び計画に基づき、本学における女性教員比率の向上及び上位職への登用を推進するために「教員採用ガイド」および「長崎大学における女性教員比率向上及び上位職登用に向けた教員選考に関する要項」を制定し、「女性教員比率向上及び上位職登用に向けた教員選考に関するチェックシート」(以下、チェックシート)を導入、実施している。

取組の背景・目的
(1)女性教員および上位職の比率が安定的に上昇しない
(2)女性教員・研究者が少ないという現状を学内全体に理解してもらい、女性活躍促進および若手女性研究者育成のためには女性の採用増が不可欠であるという学内の意識を高めたい。

女性比率の上昇
2019年度の女性教員採用比率は35.7%(開始前年度25.0%)、2020年5月1日時点での女性教員在籍比率は23.1%(開始年度5月1日時点での比率は20.2%)となっている。

波及効果等
各部局の意識改革が進み、チェックシート導入の意図を理解し、女性限定公募や女性を優先した採用を行う部署も出てきている。

その他
本取り組みには上層部及び学内からの理解も得られている。


問合せ先
長崎大学 ダイバーシティ推進センター

このサイトについて

全国ダイバーシティネットワーク(OPENeD)は、男女共同参画社会や多様な個性・能力が尊重されるインクルーシブな社会の実現のために、文部科学省と連携して、大学や研究機関、企業等における女性研究者の育成や研究環境・研究力の向上を目指す諸機関をつなぎ、国内外の取組動向や参考事例(グッドプラクティス)を収集・公開し、全国的な普及・展開を図ります。

全国ダイバーシティネットワーク