2020年2月18日 2019年度 第3回近畿ブロック会議

1週間前 : 2020.03.24

三浦

プロフィール写真

2020年2月18日(火)に立命館大学朱雀キャンパスにおいて、全国ダイバーシティネットワーク組織2019年度第3回近畿ブロック会議を開催しました。
文部科学省科学技術・学術政策局から2名、参画機関34機関より42名の出席がありました。

文部科学省科学技術・学術政策局 有薗室長補佐(人材政策課人材政策推進室)より、挨拶ならびに次年度のダイバーシティ事業の新規公募についてご説明いただきました。ダイバーシティ実現に向けた取組支援として、既に実施されている「牽引型」「先端型」「調査分析」に加え、新設された「特性対応型」について、既選定機関における重複申請の制限も踏まえた内容となりました。

全国ダイバーシティネットワーク実施責任者・大阪大学工藤理事より、今年度の全国ダイバーシティネットワークの活動として、1)全国幹事会とシンポジウム(2019年12月6日開催)、2)国立女性教育会館主催シンポジウム(2019年12月20日開催)、3)研究者対象アンケート回答状況、4)全国ダイバーシティネットワークシンポジウム(2020年5月27日開催)のご案内、5)ウェブサイトの改善について報告がありました。

立命館大学学長特別補佐の田中教授からは、とりまとめ幹事大学として、今年度の活動の振り返りを行いました。また、次年度の取組に向けたアンケートを実施することについて、参画機関へ協力の依頼をしました。

最後に、各参画機関より一言ずつご意見、現在の取組などについてご発表いただきました。
次年度も2019年度と同様の時期に、ブロック会議とセミナーを実施するという提案がなされ、終了しました。

立命館大学学長特別補佐 田中教授より
新規参画機関・参画予定機関の紹介、今年度の振り返り
大阪大学工藤理事より全国ダイバーシティネットワークの活動紹介

このサイトについて

全国ダイバーシティネットワーク(OPENeD)は、男女共同参画社会や多様な個性・能力が尊重されるインクルーシブな社会の実現のために、文部科学省と連携して、大学や研究機関、企業等における女性研究者の育成や研究環境・研究力の向上を目指す諸機関をつなぎ、国内外の取組動向や参考事例(グッドプラクティス)を収集・公開し、全国的な普及・展開を図ります。


In collaboration with the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology of Japan (MEXT), the All Nippon Diversity Network (OPENeD) has been established to realize a more inclusive society in which both women’s and men’s contributions are equally valued and individual uniqueness and talent is appreciated by connecting universities, research institutions, and corporations that are working to improve their research environment/research capabilities for female researchers. The network collects data regarding domestic and international organizational trends and best practices and shares its findings on this website, contributing to the development and popularization of diversity and inclusion throughout Japan.

English Pages Here
全国ダイバーシティネットワーク