2019年6月20日 2019年度 第1回近畿ブロック会議

7か月前 : 2019.07.19

西田

プロフィール写真

2019年6月20日(木)に立命館大学朱雀キャンパスにおいて、全国ダイバーシティネットワーク組織2019年度第1回近畿ブロック会議を開催しました。

文部科学省科学技術・学術政策局から2名ご出席いただくと共に、参画機関20機関より43名の出席がありました。

議事に先立ち、文部科学省科学技術・学術政策局 楠目室長(人材政策課人材政策推進室)よりご挨拶があり、女性の活躍推進に関わる昨今の動向をはじめ、本事業推進に伴う参画機関への期待が述べられました。また、2019年度近畿ブロック幹事大学の立命館大学 仲谷学長からは、参画機関を拡充し、より情報網を豊富化させることが大きなミッションであり、各私立大学の規模、地域性、自立性をもった独自の取組を波及させていくための機会をつくることがとりまとめ幹事大学としての使命であるとの考えが述べられました。

文部科学省 科学技術・学術政策局
人材政策課 人材政策推進室
楠目聖室長からの来賓挨拶

立命館大学 仲谷善雄学長からの開会挨拶

会議内では、本年度のブロック活動方針策定に向け参画機関を対象に実施されたアンケート結果についての報告、ならびにアンケート結果に基づき作成した2019年度事業計画(案)について議論が行われ、以下3点の計画が承認されました。


・近畿ブロック会議を年3回開催し、会議に合わせ、人事に係るポジティブアクション事例やライフイベント時における研究者支援等の有用な取組を共有するセミナー実施も検討する。
・教員・研究者の雇用職種が多様化している私立大学の事例や現況を共有化し課題の抽出を行うべく、私立総合大学が多く分布する近畿圏において15校を目標に参画機関の拡充を図る。
・理工系女性研究者志望層の裾野拡大を目的とした2019年度近畿ブロックシンポジウムを開催する。

このサイトについて

全国ダイバーシティネットワーク(OPENeD)は、男女共同参画社会や多様な個性・能力が尊重されるインクルーシブな社会の実現のために、文部科学省と連携して、大学や研究機関、企業等における女性研究者の育成や研究環境・研究力の向上を目指す諸機関をつなぎ、国内外の取組動向や参考事例(グッドプラクティス)を収集・公開し、全国的な普及・展開を図ります。

全国ダイバーシティネットワーク