2018年度 近畿ブロックシンポジウム

8か月前 : 2019.03.28

西田

プロフィール写真

近畿ブロック2018年度シンポジウム

2019年2月18日(月)に大阪大学 銀杏会館阪急電鉄・三和銀行ホールにおいて、関西工学教育協会と合同で全国ダイバーシティネットワーク組織近畿ブロック2018年度シンポジウム/関西工学教育協会第92回研究集会「男女協働が切り拓く理工系分野の未来」を開催しました。

近畿ブロック会議に参画する大学等の教職員、関西工学教育協会の会員を中心に、約120名の参加がありました。


開会の辞
大阪大学理事・副学長 工藤眞由美
基調講演
AIを活用したリアルワールドアクセシビリティ
IBMフェロー/カーネギーメロン大学客員教授 浅川智恵子
講演
大阪大学大学院工学研究科における男女協働推進活動
大阪大学工学研究科長 田中敏宏
講演
これからの理数教育への一つの提言 −質問紙調査の結果を基に−
奈良市立一条高等学校長 吉田信也
講演
学生フォーミュラとの出会いと学び
大阪大学工学研究科博士前期課程1年 三橋結衣
閉会の辞
大阪大学基礎工学研究科長 狩野 裕
第1回近畿ブロック会議
第1回近畿ブロック会議
第1回近畿ブロック会議浅川智恵子 IBMフェロー
第1回近畿ブロック会議田中敏宏 大阪大学工学研究科長
第1回近畿ブロック会議吉田信也 奈良市立一条高等学校長
第1回近畿ブロック会議大阪大学工学研究科 三橋結衣さん

このサイトについて

全国ダイバーシティネットワーク(OPENeD)は、男女共同参画社会や多様な個性・能力が尊重されるインクルーシブな社会の実現のために、文部科学省と連携して、大学や研究機関、企業等における女性研究者の育成や研究環境・研究力の向上を目指す諸機関をつなぎ、国内外の取組動向や参考事例(グッドプラクティス)を収集・公開し、全国的な普及・展開を図ります。

「全国ダイバーシティネットワーク」とは

全国ダイバーシティネットワーク