2019年10月18日 2019年度 東京ブロック第3回課題別ワークショップ
(第1回は台風により中止)

1か月前 : 2020.01.28

西田

プロフィール写真

2019年10月18日(金)東京大学弥生キャンパスにおいて、「女子学生の増加に向けて~多様な学生構成の実現を目指して~」をテーマに全国ダイバーシティネットワーク組織2019年度第3回東京ブロック課題別ワークショップを開催しました。

初めに、早稲田大学教育・総合科学学術院 濱中淳子先生より「女子の進路選択~動向と現状~」と題して、「女子にとっての学歴の効用」に関する研究結果等についてお話いただきました。さらに、東京大学大学院教育学研究科 高橋美保先生から本ワークショップの開催にあたり実施した事前アンケート調査について、分析結果の報告があり、東京ブロック参画機関の取組と現状について情報共有を図りました。
東邦大学では様々な女子学生のキャリアアップに関わる支援等を実施されており、片桐由起子先生よりダイバーシティ推進センターにおけるこれまでの取組と成果についてご紹介いただきました。

東京ブロック参画機関を中心に全国から17機関30名の方々にご参加いただき、「女子高校生や保護者が進路を決定する上で何を重要視しているのか」「誰に対してどのようなメッセージを発信していくべきか」等について活発な意見交換が行われました。

早稲田大学 濱中淳子先生より
総論的話題提供
東邦大学 片桐由起子先生より
話題提供
東京大学 高橋美保先生より
アンケート調査の結果報告

(備考)
本ワークショップは、2019年度第1回東京ブロック会議において提案され、東京ブロック参画機関を対象に実施したアンケート結果をもとに課題テーマを設定し、全3回に分けて開催することとなりました。

第1回課題別ワークショップ
 「ライフイベント支援について」
 日時:2019年9月9日(月) 開催担当:お茶の水女子大学 ※台風により中止
第2回課題別ワークショップ
 「ダイバーシティ推進組織の運営体制と意識改革に関わる取組」こちら
 日時:2019年10月3日(木) 開催担当:東京農工大学
第3回課題別ワークショップ
 「女子学生の増加に向けて~多様な学生構成の実現を目指して~」
 日時:2019年10月18日(金) 開催担当:東京大学

このサイトについて

全国ダイバーシティネットワーク(OPENeD)は、男女共同参画社会や多様な個性・能力が尊重されるインクルーシブな社会の実現のために、文部科学省と連携して、大学や研究機関、企業等における女性研究者の育成や研究環境・研究力の向上を目指す諸機関をつなぎ、国内外の取組動向や参考事例(グッドプラクティス)を収集・公開し、全国的な普及・展開を図ります。

全国ダイバーシティネットワーク